Gyrosカウンセラーがお届けする今月のコラム

<2月のコラム>

担当:ウィルド先生

『愛によって全ての自我は瞬時にとける』ということを書いてゆこうかと思います。
私たち肉体をもっていると自我ってどうしても皆持っているものなんですね。
それを自意識やエゴで表したりもします。
けれど元々私たちと自我って別物なんですね。
別の存在といいましょうか。
私たちがもつ
『自我』という認識なのですが
『自我』は私たちではない。
え?じゃあ私たちはなんなの?ですが
私たちは『愛の存在』である。
なんですね。
これも源とかソースと表現されますね
自我があるからこそ苦しみや悩みが生まれるのですが
そもそも私たちの別の存在が
私たちの成長のために体によいしょって乗ってるだけで
これは私たちではないのですね。

一心同体にみえて一心同体ではなく
ただの外付けハードディスクみたいなやつです。笑
でもこの外付けハードディスクが
むちゃくちゃ働きかけてくるので
その外付けハードディスクそのものが
自分のように感じるのですが
実はただの外付けハードディスクです。笑

で、この外付けハードディスクが働きまくると
過去・今・未来の時間軸が強固になり
過去のことで悲しみが再燃したり
怒りや憎しみに囚われたり
解決しないことを延々とループしながら考えあぐねたり
未来に意識を向けて恐怖や不安がたちやすくなります。
自分と他を比較して優劣の沼に入りやすくもなる。
まさに悩みや苦しみのパターン
これらは私たちが望んでしているわけではなく
外付けハードディスクの働きのせいなだけなんですね
で、その外付けハードディスクの働きを
落ち着かせる!のは
呼吸に意識を向ける(瞑想)
呼吸に意識を向けれたら
自我が静かになり始める
自我が静かになったら
心の状態が凪になる
そして
その静かに凪になった状態になると
『今』を捉えることができ
『今』わきおこる魂からの愛のエネルギーに気づくことができる。
目を醒すというのか。
あ、何に囚われていたんだろう。って。
何と戦っていたんだろう。って。
外からの愛が自我をとかすのではなく
自らの魂からわき起こり続けている
『愛』や魂の響きが
『自我』を瞬時にとかす。
そんなこともセッションでお伝えしています
2024年もともに純度を高めてゆきましょう